不動産担保ローンの手続き | 運転資金を銀行ローンで融資してもらう方法と資金の調達について

 

不動産担保ローンの手続き

不動産担保ローンを利用するには、不動産に抵当権を設定しなければいけません。

そのためには、所有権を確認するため不動産登記の書類と地図が必要です。
そして、不動産の価値がいくらかを調べるので、そのための鑑定料がかかります。

金融機関が、不動産の価値を見て、そこから融資可能な金額が出ると、不動産に抵当権の登記ができます。
このときにも登記料がかかります。

さらに、金額の大きなローンには印紙代のほか、数%の契約手数料がかかることが多いです。

他には、ビジネスローンと同じように、本人確認書類や会社の登記簿謄本、決算書類や確定申告書が必要です。

不動産担保ローンは手続きの面で根気がいりますが、不動産に価値があれば、無担保のローンより審査に通りやすいといえるでしょう。

 

目的別で探す

銀行ビジネスローン詳細 低金利ビジネスローン詳細 即日ビジネスローン詳細
個人事業ビジネスローン詳細 運転資金ビジネスローン詳細 不動産ビジネスローン詳細
つなぎ融資ビジネスローン詳細 おまとめビジネスローン詳細 無担保ビジネスローン詳細
注目のビジネスローン
ビジネクスト
ビジネスローンを扱う貸金業のなかでも注目度No1!自分に合ったビジネスローンならビジネクスト
カードローン一括一覧比較表
ビジネスローンを選ぶポイント
人気ランキング
楽天銀行スーパーローン
アコム
ビジネクスト
アイフル事業者ローン
モビット
目的別ランキング
設立年数で探す
有担保・無担保で探す
企業形態で探す
運転資金とは
運転資金を借りる方法
銀行で借りられないときは
貸金業者の融資の種類
ビジネスローン一覧
リンク集
基本メニュー